審美歯科・セラミック治療

より自然に美しい歯に替えませんか?

より自然に美しい歯に替えませんか?

「銀歯が気になる」「前歯の色が不ぞろい」「金属アレルギーが心配」などのお悩みはありませんか? 保険診療の虫歯治療において金属(いわゆる銀歯)で治療することがあります。比較的安価に短期間で歯の機能を回復できますが、見た目は自然ではありません。銀歯が気になっているという方は、白く美しいセラミック製の人工歯に替えませんか? まずはお気軽に大阪府吹田市の歯医者、阪急千里線「南千里」駅より徒歩2分の「中村歯科医院」にご相談ください。

セラミック治療について

セラミック治療について

セラミック治療とは、天然歯に似た色調と透明感があるセラミックを素材にしてインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を作製し、装着する補綴(ほてつ)治療のことです。セラミックは強度が高く丈夫なうえ、経年使用による変色もほとんどありません。また汚れがつきにくいので治療した歯がふたたび虫歯になってしまうリスクを抑えられます。ただし自費診療(保険診療の対象外)ですので、患者様が治療費用を全額負担しなければならず、比較的高額になるのが注意点です。

セラミックのメリット
  • 透明感があり、自然な歯の色調を再現することができます
  • 汚れやニオイがつきにくいので虫歯や歯周病のリスクを抑えます
  • セラミックは接着力が高いので、歯とのすき間ができにくいため細菌が入りにくく、虫歯の再発を抑制します
  • 生体親和性が高く、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません
  • ほかの治療法を選択した場合にくらべ、治療した歯の寿命が長めです
当院で使用する審美歯科素材
オールセラミック ハイブリッドセラミック ジルコニア
セラミックのみでつくった詰め物・被せ物です。色調や透明感が天然歯に似ているので仕上がりが自然です。 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材です。美しさはオールセラミックには劣りますが、適度なしなやかさがあるので咬み合う歯をほとんど傷めません。 強度が高いセラミック素材の一種です。咬む力がかかる奥歯やブリッジにも使用可能です。
オールセラミック ハイブリッドセラミック ジルコニア

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ファイバーコア

ファイバーコア

コアとは被せ物を装着するための土台です。保険診療では金属製のコアを使用しますが、グラスファイバーを芯にして加工したのがファイバーコアです。光を透過する性質があるので被せ物の透明感を損ないません。また適度な柔軟性があるので歯根にやさしく、歯が割れてしまうリスクを抑えられます。

金属アレルギーについて

原因

原因

アレルギーは、体内の異物を排除するためにはたらく防衛反応が、過剰に作用して起こります。たとえば花粉症をはじめ、紫外線やダニ、卵や大豆、乳製品など、あらゆる物質でアレルギー反応を示す方がいらっしゃいます。金属アレルギーは、ピアスやネックレスなどのアクセサリーが触れた部分が赤く腫れる症状で知られていますが、虫歯治療で口腔内に装着した金属(銀歯)が、経年により唾液中に溶け出し、体内に侵入して全身にアレルギー反応を起こすこともあるのです。

金属アレルギーから起こる症状
接触性皮膚炎 アトピー性皮膚炎 掌蹠膿疱症
(しょうせきのうほうしょう)
扁平苔癬
(へんぺいたいせん)
そのほか
金属製のアクセサリーなどが触れた部分の皮膚にかぶれやかゆみを生じます。 金属に接触していない部位の全身に症状が現れる可能性があります。 ひび割れや手荒れなどの症状を周期的にくり返す皮膚炎です。 かゆみがある小さなぶつぶつが集まった湿疹で皮膚や口腔粘膜に生じます。 手足のかぶれやさまざまな皮膚トラブル、肩こりや頭痛などを引き起こすことがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

検査

金属アレルギーの一般的な検査方法はパッチテストです。接触アレルギーの原因となりやすい17種類の金属物質を滴下したテープを皮膚に貼りつけ、2~7日間ほど経過観察します。そのほかにも体内に微量の金属を取り込ませて反応を観察したり、血液中からリンパ球を取り出し培養してから金属を加え反応を調べたりして検査します。

治療

アレルギー反応を起こしている金属を特定したら、除去することが求められます。金属製のアクセサリーは取り外しましょう。口腔内に装着している詰め物や被せ物の金属が原因の場合は取り除き、セラミック製などのメタルフリー素材に取り替えることで改善が期待できます。

  • あなたの歯を白くしますホワイトニングのことはこちら
  • セラミック治療についてお気軽にご相談くださいご予約はこちらから